メリット①室内を広く見せる事が出来る

背の低いローソファーを部屋に置く事で、室内の壁面が隠れる事無く沢山見えます。その結果室内を広く見せる事が可能です。部屋を広く見せる事が出来れば、圧迫感もないですし快適に過ごす事が出来ます。特にソファーは家具の中でも大きく面積を取る為、それほど大きくない部屋にソファーを置く場合はローソファーにすると良いです。

メリット②小さな子供やペットがいても安心

普通のソファーだとある程度の高さがあります。その為小さな子供がソファーから転落して怪我をしてしまう恐れがあります。しかしローソファーであれば、座面と床の距離が短い為、例え落ちても怪我をする可能性は低いです。またペットもローソファーなら、簡単に座面まで登ってくる事が出来るので、足や腰の負担もかかりません。

メリット③和室にも合わせる事が出来る

普通のソファーだと和室に設置してもあまり似合わず、どうしても違和感が出てしまいます。しかも脚がある為、畳を傷つけてしまいます。しかしローソファーであれば、基本的に足はないので設置しても畳を傷つける事はありません。また見た目も違和感がないので和室に合わせる事が出来るというのも大きなメリットです。

デメリット①立ち上がる時が少し面倒くさい

普通のソファーだと、椅子に座っているような感覚なので、すぐにそして楽に立ち上がる事が出来ます。しかしローソファーの場合は座面が低く、どちらかというと椅子よりも床に座っている感じに近い為、慣れれば大した負担にはなりませんが、立ち上がる時が少し面倒くさいです。

デメリット②掃除をしにくい

普通のソファーだと脚がついているので、ソファーの下を掃除する時も簡単です。しかしローソファーの場合は脚がついていない事が多い為、掃除をする場合、ローソファーを移動させる必要があり手間がかかるというのがデメリットです。

ローソファーは通常のソファーより座面が低いので、こたつとの相性が良いです。また、ソファーの足が短いので足を伸ばして座ることが出来ます。